profile

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amanda Costa アマンダ・コスタ サルサ・ボサノヴァ歌手

 2009年発売のブラジル・リオデジャネイロ録音ボサノヴァCD「Rio(リオ)」では、ボサノヴァの巨匠カルロス・リラとホベルト・メネスカルと共演録音。そのほか、名ピアニストのウーゴ・ファットルーソや名ギタリストのルーラ・ガルヴァオンとの共演も楽しめるこのアルバムは、アマンダ・コスタの優しい歌声とリオのミュージシャン達の軽やかで甘く粋な歌声や演奏と相まって、ロマンチックムード満点の癒しの珠玉のアルバムとして、スイングジャーナル誌で4つ星評価を得る。長く愛され続けているロングヒット・ボサノヴァCDである。

 2010年発売の全曲オリジナル書き下ろしサルサCD「Fiero Amor(フィエロ・アモール)」は、オルケスタ・デラルスがラテングラミー賞にノミネートされた時の元メンバーやグルーポ・チェベレの主要メンバーなど日本が世界に誇るサルサのトップミュージシャン達と作り上げた、カリブの熱いビートに思わず腰でリズムをとりたくなる軽快なダンスチューン満載のCD。カリブのそよ風を思わせる爽やかで優しさあふれるアマンダ・コスタの歌声で、サルサのほかチャチャチャやバラードなど、バラエティに富んだラテン音楽が楽しめる会心の作!

 新作である今回のオリジナル書き下ろしサルサCD第2弾『Campeon (チャンピオン)』は、メレンゲやバチャータも取り入れた、さらにバラエティ豊かな楽曲が楽しめるアルバム!サッカーW杯ブラジル大会へ向けて日本代表への応援ソングも収録。ラテングラミー賞ノミネート時のオルケスタ・デラルス元メンバーやグルーポ・チェベレの主要メンバーなど日本が世界に誇るサルサのトップミュージシャンたちの全面的バックアップを得て完成したアマンダ・コスタの3枚目のCD。サルサ3曲とチャチャチャの楽曲の完成度の高さには脱帽!踊りたくなること間違いなし!!アマンダ ・コスタの透明感あふれるナチュラルな歌声を生かした、日本のサルサ最強メンバーによる躍動的でダンサブルでありながら何度聴いても爽やかなサルサCD!

 サッカーの大ファンで、W杯は日韓・ドイツ・南アフリカと3大会連続で現地スタジアムへ駆け付け応援観戦!ちなみに、アマンダが応援に行った試合は負けていない。南アフリカ大会初戦、対カメルーン戦での日本の劇的勝利を現地スタジアムで体感!

 2012年10月24日から日本含め全世界63カ国の音楽配信サイトiTunes Storeで、アマンダ・コスタの新作含む全3CD全26曲が試聴・有料ダウンロードしてお楽しみいただけるようになりました!CDを聴いてみたいと思っていた海外在住の皆様、お待たせいたしました!!ぜひ聴いてみてくださいね☆ 日本ではそのほか、レコチョク、amazon、リッスンジャパン、ototoyMnet.com mora touchなどでダウンロードできます。

 海外にお友達がいらっしゃる方はぜひアマンダ・コスタの楽曲をご案内・ご紹介くださいませ~♪配信国は以下のとおりです。アメリカ合衆国、フランス、ドイツ、イギリス、オーストリア、ベルギー、フィンランド、ギリシャ、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン、カナダ、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、スイス、オーストラリア、ブルガリア 、ニュージーランド 、メキシコ、ブラジル連邦共和国 、アルゼンチン共和国、チリ共和国 、コロンビア共和国、コスタリカ共和国、ドミニカ共和国、エクアドル共和国 、エルサルバドル共和国、グアテマラ共和国、ホンジュラス共和国 、ニカラグア共和国、パナマ共和国、パラグアイ共和国、ペルー共和国、ベネズエラ・ボリバル共和国、ボリビア多民族国、香港、シンガポール、台湾、ブルネイ、カンボジア、ラオス、マカオ、マレーシア、フィリピン、タイ、スリランカ、ベトナム、キプロス共和国、チェコ共和国、エストニア共和国、ハンガリー共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国、マルタ共和国、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア共和国

Amanda Costa is a singer of salsa and latin music.Her salsa CD ‘Fiero Amor’ was released in Japan in 2010. It has 6 songs.They are 4 salsa,1 cha-cha-cha and 1 bolero. All of them are original songs in Spanish. All of the recording members, the composers, the lyricist and Amanda Costa are Japanese who live in Tokyo. A lovely crystal clear voice of Amanda costa is like a Caribbean breeze. Her charming pure voice and Afro-Cuban rhythms with sharp edges are a good fresh match. It creates a feel-good atmosphere and will freshen audience up. The audience can enjoy the world-class entertainments with a high quality skills and artistic impression by the tops of the Japanese Salsa musicians. The sound producer, the lyricist, the composers and the arrangers are the main members of Grupo Chevere that is the top of salsa bands in Japan. And most of the players are the members or ex-members of the Orquesta de la Luz that is one of the most famous Japanese salsa bands in the world and has been nominated latin grammy award.

Amanda Costa is also a singer of bossa nova.Her first CD ‘Rio’ was recorded with Carlos Lyra , Roberto Menescal , Hugo Fattoruso , Lula Garvao and others in Rio de janeiro,Brazil in 2008 and released in Japan in 2009. You’ll enjoy bossa nova and MPB. Her lovely crystal clear voice, airy and soft music played by Brazilian musicians from Rio de janeiro and their mellow voices produce a romantic atmosphere.

The 3rd album of Amanda Costa named ‘Campeon(Champion)’ was released in Japan in 2012. It was made to cheer up soccer players straining for victory, and also people in disaster area. You’ll enjoy salsa,merengue,cha-cha-cha,bachata and bolero. All songs are also original songs. 6 songs were written in Spanish and 2 songs in Japanese. You can imagine easily that soccer player dashes for the goal with the exciting sounds of the merengue. This album was produced by the same sound producer , staff and musicians of the album ‘Fiero Amor’.